ワックスがけの方法と注意点

ワックスがけの方法と注意点

ワックスがけの方法と注意点 フローリングの床は、木でできているため、傷がついたり、水がしみ込んでシミになったりすることがあります。フローリングにワックスを使用すると、保護となり、見た目もきれいにすることができます。ワックスを塗る前には、まず家具などを全てどけて、掃除機などで必ずホコリを取り除いておきます。ホコリやゴミがついていると、ワックスにゴミが交じり、見た目もよくありませんし、床を傷つける可能性もあります。また、ワックスをかけている最中に髪の毛などが落ちないよう、髪の長い人は束ねるなどしておいた方がよいでしょう。

ワックスは現在さまざまな市販品があります。それぞれで使い方が記載されていますので、それに従ってワックスを塗ります。基本的には、モップやぞうきんなどでワックスを伸ばしていくようにして塗ります。部屋の端から、後ずさりするような形でワックスがけをすると、塗った部分を踏む心配がありません。乾くのには時間がかかるので、早い時間から行う方がよいでしょう。また、雨天など湿度が高い日はワックスが乾きにくいので避けた方が無難です。ワックスは厚く塗ると剥がれやすくなります。厚く塗りたい時は、一度乾いてから、さらに重ね塗りをします。

Copyright (C)2015ワックスがけの方法と注意点.All rights reserved.